2018年7月26日未明でのポジション比率分析

ドル/円は一旦、上昇トレンドが終焉した模様です。米国の景気に楽観的な見方が多く、米国の追加利上げが示唆されたこともあり
ドル円は上昇傾向が続いてきました。しかし、トランプ米大統領の牽制発言にて急ブレーキといったところで、次なるトレンドを探る展開です。
米国の貿易相手国との「貿易戦争」やドル高牽制などに振り回される展開も続きそうですが、FX各社が公開しているポジション保有比率を見ていきたいと思います。
(各社データの反映時間にタイムラグがあるので、リアルタイムのポジションでなかったり、7/24営業終了時点のポジションの場合もあり)

DMM FX

 DMM FX

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 みんなのFX

 ↓外為ジャパン

 外為ジャパン

↓マネックスFX

 マネックスFX

マネーパートナーズ

 マネーパートナーズ

SBIFXトレード

 SBI FXトレード

↓FXプライムbyGMO

 FXプライム

↓外為どっとコム

 外為どっとコム

OANDA Japan

 OANDA Japan

なお、以下に挙げるOANDA Japanのオープンオーダーとオープンポジション(ドル円)をみると、111~113円台にかけてロングを持って捕まってしまっている方が多い模様。
一方で、111~113円付近でショートを持って上手く利益が乗っている方が多いのも伺えます。いずれにせよ、111~113円付近にロング・ショートとも多くのポジションが建てられていて明暗が分かれている。

オープンオーダーとオープンポジション

 

ちなみに、シカゴ筋のIMMポジション(一週間遅れ)を見ると、円売りポジションが増加している模様。

↓IMMポジション(ドル/円)

 IMMポジション

一方、くりっく365の為替売買動向は、こんな感じ。
↓くりっく365為替売買動向(USD/JPY)

くりっく365為替売買動向

 

 外為オンライン のディールスコープを覗くとこんな感じ。

外為オンライン

 

余談だが、マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」でテクニカル分析のシグナルを見てみるとこんな感じ。

かんたんトレナビ

 1時間足と日足を見ると売りシグナルが多く点灯しているが、買いシグナルも点灯している点に留意しておきたい。

 

いろいろな角度からポジションを分析してみましたが、
ドル円は要人発言次第で方向感が決まってきそうです。
各種経済指標のインパクトより、米国の貿易戦争の行方やその駆け引きがマーケットを動かすことになるでしょう。
本邦では、7/30-31日に日銀の金融政策決定会合が控えているのもお忘れなく。

2018年3月29日夜でのポジション比率分析

ドル/円は年初からの下降トレンドが継続中です。
ここ数年のドル円は、年初から2月・3月にかけて円高トレンドになるパターンが多かったです。やはり今年もそのパターンで、104円台中盤まで円高が進みました。
チャート的には、そろそろ一旦の底打ちになるかの重要な攻防局面です。
まだ106円台で上値の重い状態が続いていますが、FX各社が公開しているポジション保有比率を見ていきたいと思います。(各社データの反映時間にタイムラグがあるので、リアルタイムのポジションでなかったり、3/28営業終了時点のポジションの場合もあり)

DMM FX

 DMM FX

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 みんなのFX

外為ジャパン

 外為ジャパン

↓マネックス証券FXPLUS

マネックスFX

 

マネーパートナーズ

 マネーパートナーズ

SBIFXトレード

SBI FX トレード

↓FXプライムbyGMO

 FXプライムbyGMO

↓外為どっとコム

 外為どっとコム

OANDA Japan

 OANDA Japan

なお、以下に挙げるOANDA Japanのオープンオーダーとオープンポジション(ドル円)をみると、106~113円台にかけてロングを持って捕まってしまっている方が多い模様。ロングの塩漬けポジションが溜まってきている模様です。
今後、103円割れや100円の大台を割ってくる展開になれば、これらのポジションが損切り決済に向かう可能性が高まる。そうなると、円高の流れが一段と加速することもあるので注意したい。

 オープンオーダーとポジション

 

ちなみに、シカゴ筋のIMMポジション(一週間遅れ)を見ると、円売りポジションが急減している模様。

↓IMMポジション(ドル/円)

IMMポジション

 

一方、くりっく365の為替売買動向は、こんな感じ。
↓くりっく365為替売買動向(USD/JPY)

 くりっく365

 

余談だが、マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」でテクニカル分析のシグナルを見てみるとこんな感じ。

かんたんトレナビ

短時間のチャートでは買いシグナルも売りシグナルも混在しているように見える。
1時間足で見ると売りシグナルが強いが、日足で見ると買いシグナルも点灯している。

 

いろいろな角度からポジションを分析してみましたが、米中貿易戦争の行方や
日本の安倍政権では森友学園に関する疑惑がくすぶるなど、政治リスクがドル円相場へ影響している状況です。
一方で、年末年初に(良くも悪くも)かなり騒がれたビットコインは沈静化と低空飛行もあって面白く無い相場展開です。(なので、私はFXに戻ってきました。)
ビットコインという投資対象が増えた今、FXという金融商品は安心して投資できるなぁとも思っています。
引き続き、ドル円相場の行方を注視していきたいです。