FX会社を振込入金先の銀行で比較

銀行の画像

FX会社への入金はクイック入金が便利ですが、通常の振込で入金したい方も多いかと思います。
ただし手数料がネック。通常振込だと振込手数料が必要になりますが、同行間の振込だと手数料が掛からない銀行もあるので、FX会社が指定する振込先の銀行を比較していきたいと思います。

FX会社名 [通常入金]FX会社が指定する振込先の金融機関
マネックスFX 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
みずほ銀行  楽天銀行
OANDA Japan みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行 ゆうちょ銀行
ヒロセ通商【LION FX】 三井住友銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行
JFX 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 楽天銀行
GMOクリック証券【FXネオ】 三菱東京UFJ銀行
マネーパートナーズ 三井住友銀行
SBIFXトレード みずほ銀行
DMM FX 三井住友銀行
外為ジャパン 三井住友銀行
外為オンライン 楽天銀行
みんなのFX みずほ銀行
アイネット証券 楽天銀行

FX会社を選ぶ時にスプレッド(コスト)で選びがちですが、昨今はFX会社各社が競争していて、スプレッドの差は大きくありません。
なので、普段使いの銀行から同行間の振り込みで入金できるFX会社を選ぶのも、良いと思います。
多くのFX会社の場合、入金用の振込先は1箇所の金融機関を指定されます。でも、マネックスFX・OANDA Japanなら、入金用の振込先が4銀行から選べるのですね。
顧客の利便性も考えてくれているFX会社は、好感が持てます

なお、ビットコイン(仮想通貨)取引所verはこちらを参照してください。