2017年12月9日夜でのポジション比率分析

12/8の米雇用統計を無難に消化し、ドル/円は113円台中盤まで円安が進んでいます。
ドル/円は保ち合いのレンジ相場が続きそうな気配もありますが、12日-13日の連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げ実施が確実視されており、日米の金利差拡大が円安トレンドを支援しやすい状況です。
徐々にクリスマス休暇の薄商いなムードもありますが、FX各社が公開しているポジション保有比率を見ていきたいと思います。(各社データの反映時間にタイムラグがあるので、リアルタイムのポジションでなかったり、12/7営業終了時点のポジションの場合もあり)

DMM FX

DMM FX

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 みんなのFX

外為ジャパン

 外為ジャパン

↓マネックス証券FXPLUS

 マネックスFX

マネーパートナーズ

 171209-02manepa

SBIFXトレード

 SBI FXトレード

↓FXプライムbyGMO

 FXプライムbyGMO

↓外為どっとコム

 外為どっとコム

OANDA Japan

 OANDA Japan

なお、以下に挙げるOANDA Japanのオープンオーダーとポジション(ドル円)をみると、111~113円台中盤付近でショートを持って捕まってしまっている方が多い模様。
今後、114円台を回復して円安方向のトレンドが鮮明になってくると、これらのポジションが損切り決済に向かう可能性がある。そうなると、円安の流れが加速することもあるので注意したい。
一方で、112~113円付近でロングを持って上手く利益が乗っている方が多いのも伺えます。

オープンオーダーとポジション

ちなみに、シカゴ筋のIMMポジション(一週間遅れ)を見ると、2週続けて円売りポジションが縮小している模様。

↓IMMポジション(ドル/円)

 IMMポジション

一方、くりっく365の為替売買動向は、こんな感じ。
↓くりっく365為替売買動向(USD/JPY)

 くりっく365為替売買動向

 

余談だが、マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」でテクニカル分析のシグナルを見てみるとこんな感じ。

かんたんトレナビ

うーん。。。買いシグナルも売りシグナルも混在しているように見えるが、
1時間足で見ると売りシグナルが多いが、日足で見ると買いシグナルが多くなっている。

いろいろな角度からポジションを分析してみましたが、ドル円はFOMCで来年の利上げ回数が示唆されるかに注目でしょう。レンジ相場で動かないドル円を尻目に、今、個人投資家の方が注目しているのはビットコインでしょう。もちろんFX以上にリスクが大きいですが、ボラティリティ(変動幅)の大きな相場が、魅力に映るのでしょう。
仮想通貨元年だった2017年ですが、投資対象としてのビットコインが来年以降どうなっていくかも注視していきたいです。

FX会社を振込入金先の銀行で比較

銀行の画像

FX会社への入金はクイック入金が便利ですが、通常の振込で入金したい方も多いかと思います。
ただし手数料がネック。通常振込だと振込手数料が必要になりますが、同行間の振込だと手数料が掛からない銀行もあるので、FX会社が指定する振込先の銀行を比較していきたいと思います。

FX会社名 [通常入金]FX会社が指定する振込先の金融機関
OANDA Japan みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行 ゆうちょ銀行
マネックスFX 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
みずほ銀行  楽天銀行
ヒロセ通商【LION FX】 三井住友銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行
JFX 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 楽天銀行
GMOクリック証券【FXネオ】 三菱東京UFJ銀行
マネーパートナーズ 三井住友銀行
SBIFXトレード みずほ銀行
DMM FX 三井住友銀行
外為ジャパン 三井住友銀行
外為オンライン 楽天銀行
みんなのFX みずほ銀行
アイネット証券 楽天銀行

FX会社を選ぶ時にスプレッド(コスト)で選びがちですが、昨今はFX会社各社が競争していて、スプレッドの差は大きくありません。
なので、普段使いの銀行から同行間の振り込みで入金できるFX会社を選ぶのも、良いと思います。
多くのFX会社の場合、入金用の振込先は1箇所の金融機関を指定されます。でも、マネックスFX・OANDA Japanなら、入金用の振込先が4銀行から選べるのですね。
顧客の利便性も考えてくれているFX会社は、好感が持てます

なお、ビットコイン(仮想通貨)取引所verはこちらを参照してください。