ユーロ/円(EUR/JPY)スプレッドで比較

 みんなのFX  0.4銭
JFX  0.4銭
ヒロセ通商【LION FX】  0.4銭
 外為どっとコム  0.5銭
LINE証券

 0.5銭

 DMM FX  0.5銭
外為ジャパン  0.5銭
GMOクリック証券  0.5銭原則固定
 マネーパートナーズ  0.4銭[パートナーズFX]1万通貨~
 0.7銭[FX nano]100通貨~
 FXブロードネット  0.5銭
OANDA Japan  0.7銭(ベーシックコース10万通貨まで)
 FXプライム byGMO  0.9銭
外為オンライン  2.0銭
マネースクウェア・ジャパン  5.0銭
 SBIFXトレード

0.28~0.30銭(1~1,000通貨まで)
0.28~15.80銭(1,001~1,000,000通貨)

 

 ユーロ円のスプレッドで比較すると、各社がキャンペーンを展開してスプレッドを競い合っていることが分かります。
ユーロ円のスプレッドは各社ともそんなに差が無いので、分析ツールに特色のあるマネーパートナーズをピックアップしておきます。マネーパートナーズなら「かんたんトレナビ」でテクニカル分析&チャートの未来予測を行えるのがメリットです。

ユーロ円かんたんトレナビ
マネーパートナーズ の「かんたんトレナビ」でテクニカル分析

なお、1000通貨でデイトレードしたいなら、チャートの機能面・コスト面・提供される情報量も含めて外為どっとコムが最適です。

関連:ユーロ/円(EUR/JPY)スワップで比較

米ドル/スイスフラン(USD/CHF)スプレッドで比較

みんなのFX 1.5pips
GMOクリック証券 1.6pips原則固定
DMM FX 1.6pips
外為ジャパン 1.6pips
外為どっとコム 1.8pips
OANDA Japan (ベーシックコース) 非公表だが1.5~2.0pips前後
(10万通貨まで)
アイネットFX 2.3~9.0pip
ヒロセ通商【LION FX】 3.0~6.0pips
JFX 3.0~6.0pips
マネーパートナーズ 取扱なし
外為オンライン 取扱なし
マネックスFX 取扱なし
マネースクウェア・ジャパン 取扱なし
FXプライム byGMO 取扱なし
FXブロードネット 取扱なし

スイスショック以降、為替介入などの相場急変時は、このスプレッドの限りではありません。

米ドル/スイスフランのスプレッドで比較すると、みんなのFXがトップに。
余談ですが、SBI FXトレードはスイスショック時でもレートの配信を停止することなく、約定可能な最良水準のレートを配信し続けていました。
SBI FXトレードのスイスレポート各種をご覧になれば、個人投資家であるお客様を第一に考えた運営方針がよくわかります。こういった相場急変時でも、SBI FXトレードのような最良水準のレートを提示し続けるFX会社で安心して取引したいですね、為替介入のあるスイス絡みの通貨ペアでは特に。

関連:ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の取り扱いがあるFX会社
英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)が取引できるFX会社