ユーロ/ドル(EUR/USD)スワップで比較

1万通貨1日あたり(単位:円)

FX会社名 買いスワップ 売りスワップ
 みんなのFX  -98  97
 FXブロードネット  -108  92
 GMOクリック証券【FXネオ】  -94  91
 SBIFXトレード  -93  88
ライブスター証券  -105  89
アイネットFX  -105  89
 DMM FX  -87  87
 外為ジャパン  -87  87
 外為オンライン  -100  80
 外為どっとコム  -1.01ドル  0.76ドル
マネックスFX  -1.11ドル  0.71ドル
 マネーパートナーズ  -1.40ドル  0.40ドル
マネースクウェア・ジャパン  -71  36
 ヒロセ通商【LION FX】  -130.5  21.8
 JFX  -130  21

2019/7/31 最新情報に更新
ユーロ/ドルはスワップが逆転しているFX会社がほとんどです。理由は、米国の政策金利は2.50%で、欧州は0.00%だからです。
(厳密には、米国はフェデラルファンド(FF)金利が2.25%~2.50%、ユーロ圏は主要リファイナンシングオペ最低入札金利が0.00%)
欧州は米国より金利が低い為、ユーロの買いポジションを持つと金利差を支払わなければなりません。一方で、欧州内でも各国債権の利回りに差があるので、FX会社によってはユーロ/ドルのスワップが逆転してない会社もあるのが注目ポイントです。

豆知識
FRBとはFederal Reserve Boardの略で「連邦準備制度理事会」、
ECBとはEuropean Central Bankの略で「欧州中央銀行」のことです。
為替に関するニュースなどで、何かと出てくる単語です。相場で戦っていくのでしたら、知っておきたい用語ですね。
中央銀行が果たす役割や、経済と景気と金利・金融政策についての知識も合わせて勉強しておくとGOODです!

関連:ユーロ/ドル(EUR/USD)スプレッドで比較

2019年5月1日未明でのポジション比率分析

本邦では元号が平成から令和になりました。為替市場も時代とともに刻々と変化していくものです。昨今の為替取引では、コンピュータを駆使した短時間での超高速取引などもありますし、
そもそもドル円は変動相場制であっても(極端な言い方をすれば)官製相場です。要人発言次第で、どうにでもなってしまいます。
ここ最近のドル円は膠着状態で、上にも下にも動きにくい状況が続いています。何が言いたいのかというと、あまり動かないドル円に「やきもき」しているくらいなら
「休むも相場」かなぁと考えています
ゴールデンウイークの最中でFX会社がポジション保有比率データを更新していない場合もありますが、分かる範囲でポジション保有比率を見ていきたいと思います。
(各社データの反映時間にタイムラグがあるので、リアルタイムのポジションでなかったり、4/29営業終了時点のポジションの場合もあり)

DMM FX

  DMM FX

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 みんなのFX

外為ジャパン

 外為ジャパン

↓マネックスFX

 マネックスFX

マネーパートナーズ

 マネーパートナーズ

↓SBI FXトレード

 SBI FXトレード

 

↓FXプライムbyGMO

 FXプライムbyGMO

 

↓外為どっとコム

 外為どっとコム

 

OANDA Japan

 OANDA Japan

 

シカゴ筋のIMMポジション(一週間遅れ)を見ると、円売りポジションが増加している模様。

↓IMMポジション(ドル/円)

 IMMポジション

一方、くりっく365の為替売買動向は、こんな感じ。
↓くりっく365為替売買動向(USD/JPY)

 くりっく365為替売買動向

外為オンライン のディールスコープを覗くとこんな感じ。

外為オンライン

 

余談だが、マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」でテクニカル分析のシグナルを見てみるとこんな感じ。

 かんたんトレナビ

うーん。。。買いシグナルも売りシグナルも混在している。明確なトレンドが出てないようだ。もみ合い継続か?

 

(ちょっと気が早いですが)ドル円は「令和時代」に、どれ程の値動きを見せることになるのでしょうかねぇ?
もはやドル円は、派手な値動きは見せる通貨ペアではないのかなぁとも考えています。
横ばいの膠着状態が続くなら相場には触らず情報収集のみに徹し、ひたすら待つ。
そして、トレンドが出て大きく動き出したらポジションを持ってみる

といったスタンスでも良いのかなぁとか、最近は考え始めています。もしくは、通貨ペアを変えるといった選択肢もあり?