2018年10月17日未明でのポジション比率分析

ドル/円はレンジ取引継続みたいですね。やはりと言うか、またと言うか115円台到達に失敗しました。もう何度目でしょうねぇ(笑)

プラチナチャート

(チャートはGMOクリック証券 のプラチナチャートプラスより)

2017年3月を最後に、ドル/円は115円台を回復できていません。この1年半くらいの間、何度も115円回復の兆しがありましたが毎回失敗に終わっています。どうしても毎回、114円台での上値の重さが目立ちます。しかしながら、今年3月下旬からの上昇トレンドは継続しているようにも見えます。
広い意味でのレンジ取引が続きそうな気配ですが、FX各社が公開しているポジション保有比率を見ていきたいと思います。(各社データの反映時間にタイムラグがあるので、リアルタイムのポジションでなかったり、10/15営業終了時点のポジションの場合もあり)

DMM FX

 DMM FX

トレイダーズ証券「みんなのFX」

 みんなのFX

外為ジャパン

 外為ジャパン

↓マネックスFX

 マネックスFX

マネーパートナーズ

 マネーパートナーズ

 

SBIFXトレード

 SBI FX

↓FXプライムbyGMO

 FXプライムbyGMO

↓外為どっとコム

 外為どっとコム

OANDA Japan

 OANDA Japan

なお、以下に挙げるOANDA Japanのオープンオーダーとオープンポジション(ドル円)をみると、、、アップデートという名の余計なリニューアルがされてしまい、やたら重くなったし使いにくくなった。
表示の仕方が以前と変わり、感覚がつかめないのが正直なところです。以前のバージョンに戻して欲しい。でも、パッと見だと塩漬けポジションが多いように見受けられます。

 オープンオーダーとオープンポジション

 

ちなみに、シカゴ筋のIMMポジション(一週間遅れ)を見ると、ここ最近円売りポジションがやたら膨らんでいる模様。

↓IMMポジション(ドル/円)

IMMポジション

 

一方、くりっく365の為替売買動向は、こんな感じ。
↓くりっく365為替売買動向(USD/JPY)

 くりっく365の為替売買動向

外為オンライン のディールスコープを覗くとこんな感じディールスコープ

 

余談だが、マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」でテクニカル分析のシグナルを見てみるとこんな感じ。

かんたんトレナビ

日足で見ると売りシグナルが多く点灯しているが、短期の時間軸では買いシグナルも多く点灯している。中長期的には売りで、短期的には買いなのかも??

 

いろいろな角度からポジションを分析してみましたが、今年のドル円はトレンドが鮮明なのかもしれませんね。
が、値幅はそれほどでもありません。そして今は「潮の変わり目」と言うか、今後のトレンドが決まってくる分岐点でもあるように見えます。
今後も緩やかな上昇トレンドが続くのか、円高方向に潮が変わってくるのか…。来年以降の相場展開を探る上でも重要な時期でしょう。
そして、米国の追加利上げは2020年頃に打ち止め見込みなのも、頭の片隅に入れておくべきでしょうね。

ユーロ/ドル(EUR/USD)スワップで比較

1万通貨1日あたり(単位:円)

FX会社名 買いスワップ 売りスワップ
 SBIFXトレード  -96  94
 GMOクリック証券【FXネオ】  -93  90
 FXブロードネット  -100  84
 DMM FX  -80  80
 外為ジャパン  -80  80
 外為どっとコム  -0.97ドル  0.67ドル
 マネーパートナーズ  -0.89ドル  0.50ドル
 みんなのFX  -0.90ドル  0.45ドル
 外為オンライン  -50  35
ライブスター証券  -50  35
アイネットFX  -50  35
 ヒロセ通商【LION FX】  -107.6  21.5
マネースクウェア・ジャパン  -55  21
 JFX  -108  21

2019/1/7 最新情報に更新
ユーロ/ドルはスワップが逆転しているFX会社がほとんどです。理由は、米国の政策金利は2.50%ですが、欧州は0.00%だからです。
(厳密には、米国はフェデラルファンド(FF)金利が2.25%~2.50%、ユーロ圏は主要リファイナンシングオペ最低入札金利が0.00%)
欧州は米国より金利が低い為、ユーロの買いポジションを持つと金利差を支払わなければなりません。一方で、欧州内でも各国債権の利回りに差があるので、FX会社によってはユーロ/ドルのスワップが逆転してない会社もあるのが注目ポイントです。

関連:ユーロ/ドル(EUR/USD)スプレッドで比較