FX比較ランキング

FXランキング2024

 外為どっとコム

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円30通貨ペア0.2銭115対応対応約61万

キャッシュバックキャンペーン:口座開設+取引で100万2千円

スプレッドが狭く、スワップも比較的高ポイントです。まぁこれだけでは他のFX会社と差が付かないのですが、外為どっとコムの最大の特徴は情報量です。
配信される情報量が多いことで、初心者から上級者トレーダーの方々まで人気を集めているFX会社なのです。
私がよく使っているオススメの機能は、チャート>ぴたんこテクニカルと進んだ所にある「みらい予測チャート」と「お天気シグナル」です。

ぴたんこテクニカル(お天気シグナル) ぴたんこテクニカル(みらい予測チャート)

テクニカル分析って難しいイメージがありますが、これなら直感的で分かりやすいです。これが気に入っているので外為どっとコムを使っているのもありますね。
また、1000通貨単位での取引ができ、サポート体制も24時間体制(土日を除く)で電話問い合わせができるので、初心者の方にも向いていると思います。

外為どっとコムではオンラインセミナーはもちろんですが、会場セミナーも開催されています(会場セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、しばらく中止されていますが(涙)。
これらの実績が評価され、外為どっとコムはFX人気部門ランキング1位、FX情報部門ランキング1位に輝いているFX会社です。

外為どっとコム


DMM FX

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円21通貨ペア0.2銭(原則固定)122対応対応78万8千

 キャッシュバックキャンペーン:口座開設+取引数量に応じて最大30万円【DMM FX】入金
全21通貨ペアで、驚愕の最狭スプレッド!
取引コストを抑えたFX取引ができます。
取引応援ポイントサービスなどユニークなキャンペーンも行っています。
24時間の電話サポートに加え、LINEでのカスタマーサポートも開始!
高機能なプレミアチャートにも注目だが、取引応援ポイントが貯まるのも注目点です。


SBI FXトレード

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円26通貨ペア0.18銭~14.80銭118対応対応約35万

キャッシュバックキャンペーン:条件達成で5000円

なんと、1通貨単位から取引できます!なので、5円あればFX取引ができます。
1万通貨までならドル/円のスプレッドが0.27銭と業界最狭水準で、取引コストが格安です。他の通貨ペアでは、上位の2社にスプレッドで負けてしまっているのが残念。
取引ツールはプロ為替ディーラーがデザインを担当しているだけあって、シンプルで使いやすく機能性も抜群です。
スマートフォン用新取引アプリもリリースされ、より使いやすくなった(旧アプリも使える)。
「SBI FXトレードINFORMATION」という情報が臨時配信されるので、相場観の頼りになる。


みんなのFX

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円33通貨ペア0.2銭(原則固定)
キャンペーン継続中
115対応対応55.7万

キャッシュバックキャンペーン:最大100万円

 

ポンド/円のスプレッドが狭いのが特徴の「みんなのFX」。他の通貨ペアでもスプレッドが狭いので、低コストで取引できます。
有名FXトレーダーによる無料オンラインセミナーを毎月開催しているのも注目ポイントです。
ご入金で最大1%キャッシュバックキャンペーン にも注目!

外為オンライン

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円24通貨ペア1銭(原則固定)40対応対応662367

キャッシュバックキャンペーン:最大15万円

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

会場セミナー・オンラインセミナーが多い、勉強できるFX会社。
初心者でも上級者でも使いやすい高性能iPhone・Android・各種タブレット対応のアプリも提供中。
個人投資家のポジション状況が分かるディールスコープも取引の参考になります。
著名アナリストらによる情報レポートも注目!

GMOクリック証券【FXネオ】

 

手数料通貨ペア数スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
iPhoneAndroid口座数
0円20通貨ペア0.2銭(原則固定)128対応対応823494

キャッシュバック特典:新規FX口座開設+お取引で最大55万円キャッシュバック

 佐々木 希さんのCMでおなじみGMOクリック証券。
口座数は82万口座もあり、多くのトレーダーが使っている。FX取引している私の知人(複数人)に聞くと、GMOクリック証券を使ってると言ってました。多くの人に選ばれて使われているFX会社=良いFX会社なのだと思いました。
やはり、取引高国内第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ 2012年1月~2019年12月)の実績はダテじゃない!スプレッド(取引コスト)の安さで人気ナンバーワンのFX会社。
プラチナチャートと高機能な取引ツール(特に、1クリックでのスピード注文)で快適に取引できるので、デイトレードにも最適な環境です。
取引ツールを自社開発しているだけあってスマホアプリも使いやすい。
24時間フリーダイヤルでのサポートもあり、初心者の方でも安心。
最大550,000円キャッシュバック特典実施中!

 

ユーロ/ドル(EUR/USD)スワップで比較

1万通貨1日あたり(単位:円)

FX会社名買いスワップ売りスワップ
 みんなのFX -66 65
 FXブロードネット -94 84
 GMOクリック証券 -62 59
 SBIFXトレード -69 64
アイネットFX -94 84
 DMM FX -65 65
 外為オンライン -95 55
 外為どっとコム -93 60
マネックスFX -0.85ドル 0.45ドル
 マネーパートナーズ -1.20ドル 0.30ドル
マネースクウェア・ジャパン -66 30
 ヒロセ通商【LION FX】 -130.3 21.7
 JFX  -130 21

2019/12/11 最新情報に更新
ユーロ/ドルはスワップが逆転しているFX会社がほとんどです。理由は、米国の政策金利は1.75%で、欧州は0.00%だからです。
(厳密には、米国はフェデラルファンド(FF)金利が1.50%~1.75%、ユーロ圏は主要リファイナンシングオペ最低入札金利が0.00%)
欧州は米国より金利が低い為、ユーロの買いポジションを持つと金利差を支払わなければなりません。一方で、欧州内でも各国債権の利回りに差があるので、FX会社によってはユーロ/ドルのスワップが逆転してない会社もあるのが注目ポイントです。

豆知識
FRBとはFederal Reserve Boardの略で「連邦準備制度理事会」、
ECBとはEuropean Central Bankの略で「欧州中央銀行」のことです。
為替に関するニュースなどで、何かと出てくる単語です。相場で戦っていくのでしたら知っておきたい用語ですね。
中央銀行が果たす役割や、経済と景気と金利・金融政策についての知識も合わせて勉強しておくとGOODです!

関連:ユーロ/ドル(EUR/USD)スプレッドで比較